↓↓手紙など、書き物の参考にしてほしいです! 
手紙・文書・マナーの書き方の参考書一覧

↓↓結婚式で恥じをかかないための参考書。
結婚式の挨拶・マナー



« 職務経歴書の書き方サンプル紹介 | メイン | 内定礼状の書き方って難しい? »

離職票の書き方どうする?

離職票の書き方は失業したら必要なものですよね。失業したら、だれしも離職票の書き方で一度は悩むのではないでしょうか。

まず、そもそも離職票とはなんなのか、調べてみたいと思います。

ハローワークインターネットサービス
これで、雇用保険の手続きと離職票を書く流れを把握しましょう。

離職票-1
こちらで離職票-1の書き方を把握してください。

離職票-2
次に離職票-2の書き方も紹介します。


それでは、これらの流れを簡単に説明します。

まず雇用保険を6ヶ月以上払っていたか確認してください。
そして会社をやめるときに離職票-1、離職票-2をくださいと言います。
退職したあと、離職票-1、離職票-2、被保険者雇用保険者証が会社から送られてきます。

それから送られてきたら、居住する地域のハローワークへ行きます。
それでは、手続きについて説明します。離職された皆様へというパンフレットを一緒にくれるので、
そこに詳しく書いていますが、最終ページにどの管轄のハローワークがあなたの住んでいる市区町村かが書いてあります。

ハローワークへ初回持って行くもの。
1.雇用保険被保険者票-1及び離職票-2
2.雇用保険被保険者証
3.本人確認のできる写真つき官公署発行の書類。
(免許証、パスポートなど)
4.印鑑
5.写真2枚(3cm×2.5cm程度の正面上半身のもので
3ヶ月以内に撮影されたもの)
6. 本人名義の普通預金通帳
※郵便局・インターネットバンキング外資系金融機関以外のもの
です。

離職票の書き方はサンプルを参考にして書いてくださいね。


日時: 2006年10月27日 00:34 | 離職票 書き方

About

2007年03月29日 10:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「職務経歴書の書き方サンプル紹介」です。

次の投稿は「内定礼状の書き方って難しい? 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type