↓↓手紙など、書き物の参考にしてほしいです! 
手紙・文書・マナーの書き方の参考書一覧

↓↓結婚式で恥じをかかないための参考書。
結婚式の挨拶・マナー



« はがきの宛名書き方を状況別に教えて! | メイン | 委任状書式をいくつか紹介 »

委任状書き方(自動車編)

ジョージ「あい子、今度知人に自動車を譲渡しようと思ってるんだが、その際の委任状と、譲渡証明書の書き方が分からないんだ。わかる範囲でいいから教えてくれないか?」

あい子「簡単だけど知ってる範囲で教えるわ。

まず、委任状書き方について
氏名、住所欄が2つあるでしょ?1つは持ち主の欄、1つは今度の持ち主の欄なの。
どちらに書いてもかまわないみたい。注意することは、必ず印鑑証明の印を押すことね。
2箇所 押すところがあって、1個目は氏名の後ろ、2個目は用紙の右端(捨印)に押す。
後は書かなくて良いみたいね。

譲渡証の書き方について
住所・氏名の欄に車検証の住所・氏名の名前(所有者の名前)を記入する。後は印鑑を押す。それだけで良いの。後の空欄は名義変更してくれる人が記入するみたいね。もし不安なら、車検証をみて車名や車体番号を記入の。 注意してほしいのは、譲渡証は一切訂正印等がきかないので、間違ったらその書類は使えないわ。 後は車検証の名義の方の印鑑証でいいわね。」


ジョージ「ありがとうわかったよ。ところで名義変更で費用はだいたいどのくらい掛かるんだい?」

あい子「その車は普通乗用車?軽自動車?」

ジョージ「軽自動車だよ」

あい子「たしか、自分で行う場合は、用紙代40円で済むはずね。(同じ県内の場合) 代行センターで2000円程度で代行してくれるはずよ。 県外からの場合、ナンバー代1580円、旧所有者の税金停止手続き代1500円 希望番号の場合、2080円、が加算されるの。なお、金額については各都道府県で違うので目安にしてね。 書類の書き方は、軽自動車協会に用意してあるわ、。ご自分で簡単に行えると思う。用意していく物 車検証・ナンバー(変更する場合)・旧所有者の認印(ディラー所有の場合ディラーの委任状) 新所有者の認印・新所有者の住民票くらいかな。」


日時: 2007年02月02日 12:55 | 委任状 書き方

About

2007年02月04日 10:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「はがきの宛名書き方を状況別に教えて!」です。

次の投稿は「委任状書式をいくつか紹介」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type