↓↓手紙など、書き物の参考にしてほしいです! 
手紙・文書・マナーの書き方の参考書一覧

↓↓結婚式で恥じをかかないための参考書。
結婚式の挨拶・マナー



« 法事案内文の参考 | メイン | のし袋の書き方アドバイス »

弔電の例文・文例情報

弔電の例文・文例情報が満載のサイトを紹介します。
D-MAILメッセージ紹介

電報もありますが、郵便局にレタックスというものがあります。

郵便局によっては、あらかじめ例文・文例を印刷済みのものを置いてあり、あて先と差出人を記入すればOKというのもあります。

下記のサイトには、たくさんの例文・文例が載っています。縮小見本が載っていますがクリックしプリントアウトして使用することもできますよ。

お近くの郵便局に台紙の見本もありますので、相応しいものを選んでくださいね。

レタックスサンプルツール


弔電をインターネットで申し込む場合ですが、受取り人と表示してたりします。誰の名前を入れたら良いと思いますか?申し込みの項目の欄に喪主や亡くなった方の名前を入れる欄がなく、受取り人とだけあるのです。

その場合、喪主の名前がわかっていればその方の名をいれましょう。
わからなければ、「○○様ご葬儀ご関係者様」でも良いそうです。

お香典を速達で送っても葬儀に間に合わないとします。弔電と、お香典が間に合いそうにない場合ですが、

弔電というわけではありませんが、通信文付の電信為替(居宅払い)は可能だと思われます。詳しくはお近くの郵便局でお尋ねください。

ただし、一般的に遠隔地の場合には、先に弔電を送った上で
現金書留等で香典を送っても失礼にはなりませんよ。

日時: 2006年12月11日 20:23 | 弔電 例文 文例

About

2006年12月12日 20:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「法事案内文の参考」です。

次の投稿は「のし袋の書き方アドバイス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type